電磁弁のおはなし

  1. ホーム
  2. 電磁弁のおはなし
  3. 第16話:消費電力わずか1.5W 次世代電磁弁

第16話:消費電力わずか1.5W 次世代電磁弁

消費電力わずか 1.5W – 次世代電磁弁 RedHat Next Generation

アスコが開発したNext Generationコイルは、電力回路を搭載。
消費電力わずか1.5Wで駆動するアスコの電磁弁用、次世代コイルです。

Next Generationコイルはここがすごい!

・消費電力を最大約90%低減
・DCモデルの電磁弁性能が最大5倍向上

  ACモデルレベルを実現できます。

流体制御装置の設計、電力やCO2排出量削減に最適なソリューション!

・電力消費を低減 – 装置全体の消費電力を低減可能!
   - CO2排出量の抑制にも寄与します。
・圧力範囲や流量範囲Up(150%~500%) によるDCモデルの用途拡大
・電圧、周波数による煩雑なコイルの選定作業の必要なし
  24-120V AC/DC, 100-240V AC/DC の電圧範囲で共通コイルを選定可能です。


例:Next Generationコイル搭載による電磁弁パフォーマンス向上
標準コイル搭載電磁弁8210G93DC とNext Generationコイル搭載電磁弁8210P093DC の比較
(電磁弁ボディは共通)

基本仕様
(共通)
  型式 消費電力
(W)
最大作動圧力差
(Air)
配管口径: 1/4
オリフィス径: 16 mm
Cv値 : 3
標準電磁弁 8210G093 DC 11.6W
87%減
0.28 MPa
367%増
Next Generation
電磁弁
8210P093 DC 1.5W
1.03 MPa

標準電磁弁と比べ、消費電力を抑え、電磁弁性能を高めます。




なぜこんなにも性能が上がるのか、、、?

■Next Generationコイルの仕組み:

Next Generationコイルは電力の制御回路を搭載したコイルです。この回路により電磁弁開閉に必要な電流を適正にコントロールします。大きな力が必要なコアの引き上げ時に一時的に電流を上げ、コアが引きあがった状態では、コイルに流す電流を抑制します。
たとえば、標準コイル搭載電磁弁では17W必要だった消費電力を、Next Generationコイルではわずか1.5Wまで低減できます。
消費電力が大幅に軽減でき、システムの省エネ化や、CO2排出量の削減等に寄与します。
またこのコイルの可能性は消費電力の軽減だけではありません。AC/DC環境に同じコイルを活用することができます。従来電磁弁の性能が限定されていたDCモデルでしたが、Next Generationコイルを搭載するとACモデルと同じ性能を発揮します。
卓越した電流コントロールにより、DCでの電磁弁性能は150%から500%まで上昇可能。従来のDC駆動電磁弁では、圧力範囲や流量が小さく、アプリケーションが限定されていましたが、Next Generationコイル搭載電磁弁では、大きな圧力範囲や流量に対応します。

また電磁弁の温度上昇も抑制することができ、従来コイルよりも寿命が長いことも特徴として挙げられます。


■Next Generationコイルの主な特徴
• DC駆動でもAC並みの圧力範囲に対応(最大5倍改善)
• 低消費電力対応 1.2W~1.5W
• 広い電圧範囲に対応 100-240/AC,or DC, 24-120/AC or DC, or 12-24/DC.
• サージ保護内蔵
• AC特有のうなり解消
• 動作温度範囲の改善
• 温度上昇の抑制 ⇒ アプリケーションに発熱の影響を与えない
• 長いコイル寿命(発熱抑制およびサージの抑制による)

 
■Next Generationの問い合わせフォーム
電磁弁のおはなし

PAGE TOP